絵を描く為の資料として撮っていた写真が、いつの間にかたまっていた。
改めて並べてみると、そんなことより自分が楽しんで撮っていた事がよく分かる。